読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋をしたあの日のように

ゆーてあらしっくすのヲタク

10.26 自分の夢の夢まで自己採点しないでください

 

 

この言葉、知ってますか?

 

毎年センター試験が終わった次の日の新聞に織り込まれてる河合塾の言葉です

 

「自分の夢まで自己採点しないでください。 (中略)今日という日は明日の、未来の自分に向かってだいじな1歩を踏み出すためにあるということを。」

 

 

 

いやお前らこっちがダメなら儲かるやないかいッッと突っ込みたくならないこともないですが、この記事だけは何度見ても泣いてしまいます

 

わたしはたぶん2015年1月19日、自分の夢を自己採点しました

だから、いつになっても結局は自分に自信が持てなかったんだと思います

今は持ててんのかテメエと言われたらそれにうなづくことはできません

きっと最後結果が出るその日まではダメなんでしょうね

 

 

 

 

小さい時からすごいねすごいねって言われてきました。お前は何を言ってるんだアホかと思われるのは100も承知、ですがそだった小さな村の話だな(๑>؂•̀๑)くらいに思ってほしいです。

和希ちゃんはあたまがいいね、ほんとにすごいね、答え暗記してるくらいすごいねってずっと言われてきました。中学校?285人いる学年の中でずっと3位以内で1位争いをしてきました。高校は1位争いとは無縁だったけど高校自体、ここが県内で問答無用の1位の名門、世間でここ通ってるというと、ええええ頭いいんねえって言ってもらえたのでなんとも思ってませんでしたね。県の女子が県内に限って行けるこれより高い高校などなかったので…

 

すごいねって言われるのが当たり前だったし一つでもあ、負けたみたいな感じになるといつか絶対殺ってやろうって思ったしそのためならどんな努力でも惜しまないと思っていました

 

 

それが2015年1月19日に自分の、回答に丸をつけたセンター試験の問題用紙と一緒に、わたしは自分の10年持ってきた夢をすべて自己採点したと思います

そりゃあ無理でしょうあの場で未来を採点してしまわない方が無理なんじゃないかと思います

 

高校時代のわたしの人生設計は、神戸大学法学部法律学科➮神戸大学法学研究科実務法務専攻➮検察官ということで完全に固まっていました

どれほど村で1番にこだわっていようと、この日本の1位は東京大学理科三類だろうと言われようと、例え日本のすべての大学、東大理ⅢからいわゆるFランといわれるまでのすべての大学に合格したとしても神戸大学法学部法律学科を選ぶくらいには固まっていたものを、恐ろしいことにたった一瞬で全部破壊されたんだから、破壊したのは自分だけど!あの瞬間にすべての設計がぶっ壊れてしまいました

ほんとに、その土台を崩されただけで死ぬような夢なのかと思われるかもしれませんがそれくらい、すべてを含めて夢でした

 

このセンターのことで人の前で泣いたことはない

もはやダメなのはわかってたから自己採点すら笑いながらやってた

ほんとに泣きたい時はいつも神戸の夜景に見立てていた赤城山の山肌の光を眺めながらぼっちマンでした

 

そこで自己採点したが故に岡山大学に入っての1年は地獄だったんだ思います

この言葉を今日ふと思い出して気づきました

 

いつもいつも人生において本気で目指す目標を持ってきました

幼稚園の頃、京都大学医学部医学科に行って日本一の外科医になることが夢でした

小学校2年生が終わる春休みにHEROを見てしまったが故にその瞬間私の夢は京都大学法学部法律学科に行って検察官になることに変わりました

同時に中央中等教育学校に死んでも行きたいと思いました  5年の勉強の果て落ちましたけど

中学校でもその夢は維持しつつ吹奏楽コンクールに命をかけていました 金銀銀でしたが

高校時代、神戸大学法学部法律学科に惚れて一瞬で変わりました

吹奏楽コンクールもですがアンサンブルコンテストと神戸大学に命をかけていました

ゆうてセンター終わってから、死んでも岡山大学法学部法学科に行ったれと思って勉強してやりましたよ、ええ

 

でもそれがその日に自己採点して夢がなくなってしまったが故に大学に入って本当にやりたいこともなくどう生きていいのかわからなかったんだと思います

友だちもいなかったし

いっつも親にも高校の先生にも高校の友達にも嵐にもV6にも同じ入試で争って159人に入れなかった人にも全ての人に申し訳なくて生きてることが本当に申し訳なかったです

 

やっとこの夏、将来を決めました

同じ夢を目指しているところから、結局そんなぬるい夢ではなかったんでしょう

 

 

今日という日は、たとえ周りがみんな仮想敵に見えてどんなに苦しくても死にたくても悔しくても、それでも明日の、未来の自分にむかってだいじな1歩を踏み出すためにあるんだと高校時代は本気で信じていたし今もそう信じていないと死んでしまうと思います

 

まあ、この通り生きるのは難しいでしょうね、理想だから

でも理想を持たないとね…死ぬと思うよ…

 

なんで今日思い出したんだろう

わかんないや

でもまあ、この言葉にはこんな思い出があるんです