読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋をしたあの日のように

ゆーてあらしっくすのヲタク

10.15

 

 

なぜ君は岡山大学に来たんですか?とよく聞かれます

 

当たり前だと思います、わたしが逆の立場でも絶対聞くと思います

 

 

理由を一言で述べたくても一言で収められない、敢えていうならDIYになりたかったから

 

 

DIYってDo It Yourselfの略だよね?!

全部自分自身で生きていきたかったしみんなが人に頼るところで自分は自分ひとりでできるんだとなりたいというアホみたいな理由なんだと思います

 

 

完全にひとりっていうのは学生としても、そして社会的にも不可能なのはわかっていましたしそこまでのDIYではないですが

とにかく同郷で、異郷の地でつらさを分け合うとか、既存の人間関係という一種の支えに全く頼ることなく

誰も群馬県とかいうところの出身の人がいない場所で、全くの0からの人間関係を自分自身の力で構築していきたかったからだと思います

 

 

わたしの出身の佐波郡東村は、そうねー、恐ろしいくらい、面白いくらいみなさんが思い描く田舎のしがらみに溢れた村だと思います

ほかからくる人を排斥し、自分の情報は東村の18行政区のうちの少なくとも住んでる行政区ではもう丸裸で全部伝わるような

それが形を変えてどこでどんな噂をされてるかわからないような

ほかからくる人の子供は蔑視されるしちょっとでも出れば出る杭は打たれるような

かかあ天下の群馬県では珍しく男尊女卑が色濃く残るような

ああもう今の40代くらいの人らくらいまで年代下るとそうでもないですけどね

 

とにかく平成の世の中で昭和に取り残されたようなそんなとこです

わたしの住んでた行政区だけかもしれないけど!(笑)

 

 

江戸やその前からの人間関係が未だに濃ゆく残っていてそこに住み続ける限り死ぬまでその人間関係に縛られているような場所ではあると思います

 

 

なんでしょう、そういうのが嫌だったんでしょうねきっと…

だから小学生の頃からとにかく何がなんでも地元から遠く離れることに執着していたと思います(ex京法とか神法とか)

かつ、誰も行かなそうな場所、がよかった

誰もわたしを知らない場所で初めて会う人と0から関係を構築していきたいと小学生の頃から思っていました

誰か1人でも知ってる人がいたらわたしは絶対そこに頼って新たに人間関係作ろうとはしないんじゃないかと思っていたからです、人見知りなもんで…

 

 

岡山大学を選んだのも、もちろん根本的にセンター試験に起因する部分はありますがそれだけじゃないと説明したい(笑)

そりゃあね、神大法学部にいきたかったですよ、海の見えるキャンパス、100万ドルの夜景を望むキャンパス、あこがれでしかなかったですよもちろん!(+関西弁というのも大きい)

 

だけど最後、熊本大学法学部、広島大学法学部、北九州市立大学法学部、岡山大学法学部(新潟、よりかは少し上だと選ぶ段では思っていたし金沢に法学類が存在することを知らなかった)を選ぶ時、なんでお前は岡山大学を選んだのかと聞かれたら、熊本大学広島大学北九州市立大学には過去5年以内に私の高校から行った人がいたからです

単にそれだけ

岡山に憧れたとか岡山行ったことがあって好きだからとかではなく!(すいませんすいませんすいません)だって入試のその日に初めて岡山行ったし!

 

 

ただ岡山大学だけはわたしが自分の意思で選んだと言ってもいいと言えると思います

 

京法、単純に1位だから京都大学に行くんでしょ?って東大京大しか知らないような小学生の頃言われたし行くかって感じでした(何様)

一法、親に一橋くらい行けたらいいねって言われたから

神法、熱望したけど大元、知った原因はやっぱり親の一言だった

千葉大、先輩がOCに行ったから

など、まあそれぞれに対してわたしは行きたいと心から強く思ってはいましたが一番元の原因は周囲に起因する部分がどっかにありました

 

そんな中で岡山大学だけは、誰かに名前を出されたわけでも勧められたわけでもなくなんとなくではありましたけど模試の志望校欄に何度か書いていた大学でした

 

そんなこともあり、まあ自発性を否定はできないでしょうね

だから自分で択んだ道として納得していきています

 

 

DIYに生きようと決めてそりゃあ楽ではないしうらやましくもなるけど

毎日ちゃんと過ごすんが目標です

 

 

 

 

おわり